FC2ブログ

日々雑感

Chelseaを応援するトレーダー

アドセンス どれくらいの 収入 ( 報酬 )が得られるか

CategoryADS
アドセンス どれくらいの 収入 ( 報酬 )が得られるか

インターネット広告を自分のサイトに掲載する場合、一番気になるのが、
どれくらいの収入・報酬が得られるのか ということです。

アドセンスの場合は、クリック率、単価など、報酬に関する個々の情報を
第三者に開示することを禁止していますので、
詳細についての情報はインターネット上でも公開されていませんし、ここで掲載することも出来ません
(開示した場合、サービスの利用停止や、最悪の場合、登録抹消や報酬が得られなくなる可能性があります)。

報酬については、アクセス数(PV)が大きく増加したからといって、
それに比例して多くなるわけではないといわれています。

通常、アクセス数が少ないとクリック率は低く、一定のアクセス数が確保できた段階で、
クリック率はピークをつけます。その実数については明らかになっていませんが、
1日当たりのアクセス数が1000~2000くらいではないかといわれています。

それ以上の数値の場合は、緩やかにクリック率は減少していき、
ポータルサイト系になると、1%を割るようです。
ただ、少なくともサイトの広告クリック率が2.0%以上の場合は、
かなり洗練された、優れたテーマ・内容を掲載しているサイトといえるのではないでしょうか。

アフィリエイトで月額1万円以上の収入を得ているのは1割!
アフィリエイトを活用している人で、月平均で1万円以上の収入を得ているのは、1割程度だといわれています。
ということは、残りの9割の人は、それ以下の収入しか得られないということです。
NS総研のアフィリエイトアンケート結果でも同様の結果が出ていますし、
本サイト内にある平均月額報酬ランキングでも、近い結果が表れています。

多くの雑誌やウェブサイトでは「10万円以上の収入も夢ではない」など、
いろいろと甘い言葉が氾濫していますが、実際にはそんなことはありません。
ウェブサイト上で、かなりの金額を得ているサイトはごく一部のことなのです。
一定の収入を得ようとするのであれば、相当の労力を割いて、サイトと広告の研究・管理をする必要があります。


スポンサーサイト

PageTop

キーワード選びで狙ったターゲットにリーチ

CategoryADS
キーワード選びで狙ったターゲットにリー

キーワード広告の要はなんと言っても、どのキーワードに入札するのかの選択。キーワード広告初心者は10~20キーワードに入札して満足することが多いが、まずは1つのキャンペーンにつき100~200キーワード入札してみよう。

費用対効果の高い集客キーワード広告で実現するには、次のポイントを押さえよう。

費用対効果の高いキーワード選びのワザ

02スモールキーワードを探そう

一般的で検索数は多いビッグキーワード(たとえば「自動車」「マンション」など)だけでなく、検索数は少ないが限定的な意味のスモールキーワード(たとえば「マンション 分譲」など)をうまく見つけよう。

03地名を組み合わせよう

例:「マンション 横浜」「中古車 愛媛」など

04季節要因やイベントを組み合わせよう

例:「温泉 紅葉」「花束 母の日」など

05製品の特徴や販売手法を組み合わせよう

例:「ノートパソコン 軽量」「iPod 通販」など

06その製品が役に立つトラブルの元などを考えよう

例:掃除用具の広告で「油汚れ 台所」など

07入力間違いや表記揺れにも入札しよう

例(入力間違い):「iPod」を「ipad」や「ipd」など

例(表記揺れ):「とうふ」「トウフ」や「ジャム」「ジヤム」など

便利なツールを活用しよう

オーバーチュアやグーグルは、キーワード探しに便利なツールを提供している。うまく使えばキーワード選びの幅が広がるぞ。

08キーワードアドバイスツール(オーバーチュア)


http://www.overture.co.jp/ja_JP/rc/srch/tools/tools1.php
関連するキーワードが、前月に実際に検索された回数とともに表示される。

ただし、オーバーチュアの新システムへの移行にともない、すでに正式サポートが終了してしまっている。ツール自体はまだ利用できるのだが、検索回数データの更新が2007年4月分の時点で停止しているのだ。そのため、今後は新スポンサードサーチの管理画面から利用できる内部ツールとしてのキーワード選択機能を利用することになる

09オーバーチュア新スポンサードサーチの内部ツール

新スポンサードサーチの内部ツールは、新スポンサードサーチのアカウントを持っていればキーワード追加の画面から利用できる)。

利用しているオーバーチュアのアカウントがまだ新スポンサードサーチの管理画面に移行されていない場合は、もうしばらく我慢しよう。


10キーワードツール(グーグル)


https://adwords.google.co.jp/select/KeywordToolExternal
関連するキーワードが、ライバル広告主や検索数のおおよその傾向とともに表示される。季節変動や検索の多い月なども調べられる。

11グーグルトレンド


http://www.google.co.jp/trends
指定したキーワードの検索数の移り変わりが表示される。複数のキーワードをカンマで区切って指定すれば比較もできる。

PageTop

クリック単価の高いキーワード研究

CategoryADS
アドセンス(ADSense・グーグル広告・アドワーズ広告)でのクリック単価の高いキーワード研究

アドセンス(ADSense・グーグル広告・アドワーズ広告)はクリック単価(PPCと言う)がジャンルによって違い、オークション形式で、競争相手が多い程高額になる。(キーワードによっては単価が700円ぐらいのものもある。たった、1クリックだけで。)アドセンス広告は選べないものの、ページにおける文字の配置の仕方で広告のジャンルを操作することは出来る。そこで単価を知っておくことは無駄ではない。しかし、グーグルはクリック単価は公表していない。そこで、クリック単価の高いキーワードについてのネット上に広がる噂話を集めてみた。

■他社のアフィリエイト会社の料金から推測されるクリック単価の高低

 他の会社のPPCを参考にした場合、以下の区分けが予想される。


 □PPCの単価が安いと思われるキーワード

  自動車関連
  アクセサリー
  雑貨
  アフィリエイトプログラム


 □普通のキーワード

  コミュニケーション系
  ビジネスサービス系
  医者
  弁護士系
  不動産
  ダウンロードサービス
  パソコンや家具
  チケット
  旅行関連


 □高めのキーワード

  教育
  就職
  健康


 □相当高いキーワード

  ローン・クレジット関係
  オンラインゲーム・ギャンブル
  銀行
  保険
  株式関連
  ホスティングなどのインターネット関連

 ニュースソース
 →Google Adsenseとの果てしない闘争より


■アメリカと日本のアドセンス広告におけるクリック単価の違い



 ニュースソース→PPC広告

 アメリカのほうがはるかにクリック単価が高いことが分かる。
 日本も高くなる傾向にあるが、英語がある程度分かる人は、英語のブログなどを作ってみても面白いかもしれない。
 もちろん、アメリカのプロバイダが提供するブログがいいだろう。


■アメリカで現在、最もクリック単価の高いキーワードリスト

 以下のページは、現在のアメリカでアドセンス広告のクリック単価が高いペスト100のキーワードをリストにしているページをそのまま抜き出したものである。この情報は動的にリアルタイムに変化する。

PageTop