FC2ブログ

日々雑感

Chelseaを応援するトレーダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

保険会社 示談 金額 妥当か?

保険会社が,示談案を提示してきましたが,その金額が妥当でしょうか?

治療費や通院交通費ははっきりと金額として出てきますが、
入通院慰謝料,休業損害,後遺障害による慰謝料,あるいは逸失利益といった項目については,
判断がつきにくいところです。

保険会社は,裁判になった場合に認められる正当な損害賠償額よりも
低い額しか提示してこないことがよくあります。

最終的に示談してしまう前に,金額の妥当性については,弁護士等の専門家に確認したほうがよいでしょう。


スポンサーサイト

PageTop

なぜダイレクトの自動車保険は安いのか。

なぜダイレクトの自動車保険は安いのか。

答:代理店手数料がかからないから

既存の自動車保険では、支払っている保険料の15%前後が保険代理店に代理店手数料となるお金。

保険を専業にしている代理店利点:
補償内容の設定方法について適切なアドバイスをくれる
事故時にアドバイスをくれる

保険を専業にしている代理店欠点:
事故処理に関する知識をきちんと持ち合わせてない場合がある

結論:
年1度の自動車保険の更新時にしか連絡をしてこないような代理店で自動車保険を契約している人は、
15%もの高い代理店手数料を払う価値があるかどうか一度考えてみるべきだ。

ダイレクトの自動車保険利点:
保険会社と契約者との直接の取引になるので、代理店コストがかからない
これが安い保険料を実現できる最大の理由である。

ダイレクトの自動車保険欠点:
、本来削減すべきではない事故処理体制のコストまで削減している(としか考えられない)会社もある。

もし、安い保険料のあまり、事故処理体制までコスト削減しているような自動車保険を選んでしまうと、
万が一の事故のときに痛い思いをするのは自分であることを認識しなければならない。
自動車保険を検討している人からは、
「どうせ事故を起こすことはないから安いほうがいい」
という言葉をよく聴くが、自動車保険の1年間における事故発生率はだいたい10%前後である。

つまり10台契約者がいれば、そのうち1台は1年のうちに保険の対象になる事故を起こすといわれている。

これを結構多いと感じるかどうかはわからないが、
自分は安全運転をしていてもいつ事故に巻き込まれてもおかしくない頻度である
ことは認識しておいたほうがよい。

なぜダイレクトの自動車保険は安いのか。

答:等級、使用目的、地域、年間走行距離、免許証の色など、
いろいろな項目でリスクの細分化を行なっているから。

「リスク細分」というのは、統計的に事故が少ない「おいしいお客」には安い保険料を提示して獲得し
逆に事故を起こす可能性が高い「儲からない客」には通常より高い保険料を提示して、
契約を引受けないビジネスモデルである。

事故を起こす確立が低い客は、既存の自動車保険より保険料を安くしても保険会社は儲かるのである。

なぜダイレクトの自動車保険は安いのか。

答:営業社員がほとんどいないから

既存の国内損保の部門を大きく分類すると、
この代理店を指導・育成する営業部門と、事故処理部門、それと間接部門からなる。

既存の国内損保の営業社員は多くの場合「総合職」といわれる職種が中心であり、
中堅社でも30歳ちょっとで年収1000万円の大台に乗る。

この営業社員が全国各地にかなりの人数がいるが、
すべてその給与に見合った高付加価値の業務をしているわけではなく、
単なる集金業務的なことやご機嫌伺いだけをしている社員もそれなりに多い。

このため、結果的に既存の国内損保は高コスト体質になり、保険料は必然的に安くすることが難しくなる。

一方、ダイレクトの自動車保険会社は基本的に代理店網を持たない。
)このため、全国に営業社員を配置する必要もなく、会社全体の人件費が安くすむのである。

ダイレクトの自動車保険会社の人件費の大部分を占めるものは、
コールセンターを運営するオペレーターの人件費であるが、ほとんどがテレマーケティング会社の社員であったり、
契約社員であったりするため、既存の国内損保ほど営業コストはかからない。
(その分、広告宣伝費は膨大だが) これも低保険料を実現できる理由の1つである。

ただ、ダイレクトの自動車保険といっても事故は全国で発生するので、
事故処理部門については、全国ネットワークを整備する必要がある。
しかし中には、保険料を安くするために事故処理体制にコストをかけず、
事故処理拠点の数や所在地すら明らかにしない(明らかにできない)会社もあるので注意が必要。



PageTop

「365日事故受付」と「365日事故対応」とでは全く違う

「365日事故受付」と「365日事故対応」とでは全く違う

事故のスピーディかつ円満な解決において重要なのは、
事故の発生時に適切な指示や対応をどれだけしてもらえるかどうかということ。

事故の際、相手方や病院・修理工場などに電話をして治療費の手配や代車の手配をする「初期対応」を
土日であってもやっているのかが、その会社の事故処理に力を入れているかどうか見極める一つのポイントになる。

たとえば、土曜日に追突事故を起こしたとしよう。
相手が見るからにややこしそうな人で、現場で「今すぐ代車をもってこい」とか
「念書をこの場で書け」と詰め寄られたらどうするだろう。

もしあなたが加入している保険会社が「24時間365日なのは『受付』だけ」だったら、
保険会社に連絡しても「私はただの受付スタッフなので月曜日まで対応できません」といわれる。

幸いにもあなたがプロの代理店で自動車保険に加入しており、
代理店と連絡がつけば適切なアドバイスをしてくれることもあるだろうが、
これがダイレクトの自動車保険で土日は「受付」だけの会社なら悲劇だ。

このように既存の国内損保でプロの代理店経由で加入しているのであれば
土日の初期対応体制はさほど重要ではないのだが、ダイレクトの自動車保険では特に重要になってくる。

■事故時にすぐ駆けつけてくれることの価値

ダイレクトの自動車保険会社では、代理店がないビジネスモデルゆえ、事故の際、
現場に駆けつけてくれないのではという不安感があるというのは、ごく自然な発想である。

既存の国内損保であっても、たいていの場合、ディーラーや修理工場などの兼業代理店などは
ほとんど事故の一報を受けても、現場に行くことはほとんどなく、保険会社のサービスセンターに取り次ぐ程度である。

私自身、既存の国内損保の事故担当者をしているときに、現場に駆けつけたことはない。
現場に駆けつける代理店も極めてまれであった。
にもかかわらず、多くの人は、「事故が起きたらすぐに保険屋さんが来てくれるものだ」と勝手に思い込んでいる。

現場に駆けつけるかどうかという点で、既存の国内損保と通販の自動車保険会社と比較すると、
あまり大差はないということになる。
例外としてセコム損保なら、希望した場合、セコムの警備員が現場に駆けつけてくれるそうだ。
ただ、警備員が現場に行って何ができるのか疑問ではある。

事故を起こしたことがない方ほど、「事故のときは保険会社すぐ来てくれること」に価値を感じているが、
それよりも「事故のときに適切な指示や手配を取ってくれるか」という点を重要視したほうがいい。



PageTop

ゴールド免許 とは

ゴールド免許とは自動車運転免許の更新等をした時点で、
過去5年以内に減点対象となる交通違反などが確定していない優良運転者に与えられる運転免許である。

免許証の有効期限記載欄が金帯で表記され、黒枠で「優良」の文字が付記される。

自動車保険の任意保険がゴールド免許保持者について割り引かれるのは、
運転の安全性とならんで運転の頻度を反映しているからでもある。
安全性が高いが長く運転するドライバーよりも、
安全性は低くてもほとんど運転しないドライバーの保険料を割り引くことは、
一定の保険契約期間内に事故に遭う確率を考えれば合理的ともいえる。

公式な数字は出ていないようでうすが、
運転免許保持者の5割前後がゴールド保持者、の様です。
ゴールド免許の割引率は
4%~10%と自動車保険によってやや開きがあります。


PageTop

保険料を下げるために、検討すべき点

1・年齢制限は運転する中で一番低い年齢の人に合わせる。
  基本は「全年齢担保」(全年齢を担保する=全年齢運転しても補償しますよ、ということ)
  「21歳以上担保」「26歳以上担保」「30歳以上担保」の4種類です。

  子供特約をつけることによって親の自動車保険の年齢条件を下げなくてもよい場合がある。
  子供特約とは、条件(全年齢、21歳以上、26歳以上)にあう
  子供(同居または別居の未婚の子)も運転してもいいよ、という特約です。

   例:18歳の子供のために30歳以上担保を全年齢担保にするよりも、
     30歳以上担保はそのままに子供特約(全年齢)をつけたほうが保険料は安くなります。

  子供特約が無い保険会社の場合、年齢条件を下げるしかありません。

2・家族限定をつけて同居の親族、別居の未婚の子以外は運転させない。
  家族限定特約をつければ保険料はさらに割引になります。
  そのかわり家族以外は補償の対象外になりますので、
  家族以外の人は絶対に運転させてはいけません。

  なお最近は本人限定特約、本人・配偶者限定特約等もあります。
  これらのほうが保険料が安めになりますので、
  本人だけの人や本人、配偶者しか運転しない人は、検討しましょう。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。