FC2ブログ

日々雑感

Chelseaを応援するトレーダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

link

スポンサーサイト

PageTop

キャッシングとは

キャッシングとはお金を借りることです。

キャッシングは、借り方の方法によって2つに分けられます。
カードキャッシングとネットキャッシングです。

カードキャッシング:
一般的なキャッシング方法で、審査後にキャッシング会社のカードが発行されます。
そのカードでATMや提携CD機などでお金を借りるというものです。

ネットキャッシング(またはウェブキャッシング):
パソコンのインターネットや携帯から各キャッシングサイトに融資の依頼をします。
融資の審査に通ったら自分の銀行口座に融資額を振り込まれます。

ネットキャッシングは、手持ちの銀行口座のカードを使用するため、
世間体を気にせずに利用できるという反面、銀行の営業時間内に限られるため、
お金を引き出せる時間帯に制限があることが難点です。

このデメリットを解消させるために、
キャッシング会社では提携のインターネット銀行を開設することも融資の条件にしているところもあります。


PageTop

キャッシング 注意点

キャッシングの注意点

キャッシングする際の注意点は、
自分の返済能力を超えた金額を借りないことと、
悪徳業者に手を出さないことです。

この2点さえ守れば、大きな問題とはならないはずです。
うまく活用してあなたのマネープランを充実したものにしてください。

キャッシングというのは気軽に利用できる反面、
中には必要以上に繰り返してしまう人がいます。

キャッシングしたら、その分返済しなくてはいけないことを忘れないでください。
「幾ら借りたい」ではなく、「自分は毎月幾らまでなら返済可能なのか?」を考えて、
そのラインを絶対に超えないようにしてください。

また、街中のチラシや新聞広告などだけを見て
簡単にあやしげな業者に申し込んでしまうのも危険です。
中には悪徳業者もいますから、怪しげな業者には絶対に手を出さないでください。



PageTop

キャッシング メリット

キャッシングのメリットは、銀行の時間外に急にお金が必要になったときです。
銀行口座にお金はあるけれど、それを下ろすと時間外手数料がかかってしまうというような場合に、
キャッシングでお金を借りて必要な額を調達します。
そして、次の日、銀行が開いた時間にお金を下ろして返済すれば、
銀行の時間外手数料よりも安い金利でお金を用意することができるのです。

たとえば、午後7時に仕事が終わって急に飲み会に行くことになり3万円が必要になったとします。
銀行口座には3万円以上あるので、下ろすことはできるのですが、
時間外手数料105円がかかってしまいます。

そんなときにキャッシングで3万円借りて、翌日銀行が開いてからお金を下ろして返済したとすると、
利息は30000円×0.15(15%)÷365(日)×1(日)で12円(端数切り捨て)となります。

このようにすぐに返せるあてがある場合にはキャッシングを使うと
時間外手数料よりも安く済むことがあるのです。


PageTop

初めての時、急を要する時

初めての方のためのサポートがしっかりしていて、
便利なキャッシング会社は、やはり大手各社になります。

その中でも、銀行系の子会社(アットローンやキャッシュワンなど)よりも
古くから専門に営業をしている大手キャッシング会社の方が利便性やサポートの良さで評判は遙かに上です。

急を要する利用者のために、すぐに審査をしてくれて、
すぐに融資をしてくれるキャッシング会社というのはとてもありがたいものです。

1分以内に審査結果を教えてくれるキャッシング会社もありますし、
さらに、自動審査をおこなう会社では5秒ほどで結果を教えてくれるところもあります。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。