FC2ブログ

日々雑感

Chelseaを応援するトレーダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「座右の銘はふたつ。まずは夢またはビジョン、2番目はハードワーク」

「座右の銘はふたつ。まずは夢またはビジョン、2番目はハードワーク」

http://clip.mitaimon.com/post/37728998572/20

山中所長も自身の研究者人生を「失敗ばかり重なり20年余りの間ずっと泣きたくなる挫折の連続」だったと自評した。神戸大学医学部を卒業して国立大阪病院の整形外科の研修医だった時は手術がうまくできず先輩たちから「ジャマナカ」と呼ばれた。実際に10分ほどで終わる簡単な良性腫瘍摘出手術に1時間を超えることが常だった。

結局整形外科医師になることをあきらめた彼は研究者に方向を定めた。重症リウマチ、脊髄損傷など特別な治療法がなくて悩む整形外科患者を見ながらいつも考えていたものでもあった。大阪市立大学大学院に進学し薬理学を学んだ彼は、93年に米サンフランシスコのグラッドストーン研究所に留学した。彼がiPS細胞研究にアイデアを得たのもこの時だった。だが、96年に日本に戻った山中に与えられた任務はマウスの世話だった。山中のニックネームもネズミの鳴き声から「ヤマチュー」に変わった。3年間同じ仕事をした山中は結局うつ状態になった。

彼が「最後の勝負」と考えたのが奈良先端科学技術大学院助教授の応募だった。実績が優れた競争者と違い立派な発表論文もなかった彼は、「私がiPSをやります」と堂々と公言して審査委員の目に止まり合格した。彼は「座右の銘はふたつ。まずは夢またはビジョン、2番目はハードワーク」と強調する。彼のノーベル賞受賞も所感もこうだった。「全人類が健康で長寿できるようにするのが私の夢でありビジョンだ。また、それを成し遂げるために決して挫折を恐れない。9回失敗しなければ1度も成功できないためだ」。山中は不充分な研究費を確保するためインターネットで募金を集めている。
成績最下位に手術下手な医師…ノーベル賞、落ちこぼれの反乱(2) | Joongang Ilbo | 中央日報 (via takaakik)
関連記事

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。